水商売をしてるとキャッシング出来ないってホント?

私は夜のお仕事、言ってしまえば水商売と呼ばれる仕事をしています。こう書くと偏見が多そうですが、私が働いているお店は健全なお店で、変な想像をされない事を先にお願いしておきます。

水商売っていうと収入が良さそうなイメージがありますが、結構波がある仕事なのでなかなか収入が安定しなかったりします。なので生活の為にカードローンとかキャッシングが出来るカードを作ろうと思っているのですが、同僚に「水商売をしているとキャッシングとかは難しいよ」と言われました。

水商売っていうだけで、本当に融資を受ける事が難しくなるんでしょうか?波があると言っても収入が無い月とかは無いし返済もできると思うのですが、それでもダメなんでしょうか?こういう事に詳しい人があまり周りにいないので、詳しく教えてくれる方を募集します。

水商売の方は融資が難しくなります

水商売にも色々ありますが、健全なお店という事はホステスでしょうか?あまり詮索をされるのはお望みでは無いでしょうが、一応これからの説明の基準にもなりますので、一応そのようにして話を進めていきますね。

まず水商売だと融資が難しいというのは、一応本当の事ですね。水商売だから絶対に借りられないというわけでは無いのですが、例えば住宅ローンとかそういう大きな融資の場合、かなり厳しくなるというのは覚悟しておいた方が良いかもしれません。

何故かと言うと、質問者さんも仰っていたように波がある仕事というのは、基本的に金融業者は好ましいとは思いません。安定して長期的な収入が見込める人にこそ使って欲しいというのが金融業者側の意見であり、大企業の正社員や公務員といった方などなら、喜んで貸してくれます。しかし、収入が大きいときもあれば少ないときもある水商売というのは、結構シビアに見られます。

それにホステスみたいにある程度の年齢になっても続けられる可能性があるならともかく、それこそ風俗とか若くないと成立しない仕事だと、いくら収入が良くても長期的な収入にはなりませんから、もっと厳しくなる可能性もあります。つまりは、長期に渡る返済になりやすい融資の場合、通らない事もどうしても予想されてしまうという感じなのです。

ただ、長期的なローンなどでは無くカードローンの最低限の限度額などなら無職でも作れる事があるように、たくさん借りたいというので無ければ十分借りられる可能性はあります。なので水商売と言ってもお金を借りられる可能性は0とは言えませんから、大金が必要で無いなら躊躇する事はないでしょう。

水商売だけどお金が必要!キャッシング審査で何て説明しよう?

キャッシング審査の際、職業欄や収入を証明する欄は必ずといっていいほど設けられています。一般企業の正社員であれば勿論理想的ですが、消費者金融によっては派遣やパート、アルバイトの方でも審査を通しているところや、なかには主婦の方でも旦那様の収入に応じて借入可能な場合もあります。自営業や個人事業主では安定した収入を明示しにくいこともありますが、職業として書くのは不自然ではありません。しかし、所謂キャバクラ嬢、ホスト等の水商売をしていらっしゃる方は、なかなか素性を明かせないこともあるでしょう。

そういった素性を明かせない、明かしたくない方がキャッシング審査を受ける場合、「アリバイ会社」と呼ばれるサービスを利用して身分を隠すことができます。このアリバイ会社とは、事情があって本来の職業を明かせない方のために会社員としての書類や給与明細を作成してくれるもので、在籍確認にも対応してくれます。

また、住宅ローンの申請や物件の購入といった際にも役立ちます。水商売も立派な職業であるのは間違いないのですが、やはり昨今でも偏見は消えません。不動産業者によっては水商売の職に就いているだけで家を売りたくない、入居して欲しくないと考えることもあります。ですが水商売をされている方のなかには多くの賃金を得ている人も多いですから、お金があるのに相応の家に住めないのは勿体ないですよね。そういった有事にもアリバイ会社が動き、あなたを勤め人として証明してくれます。

ただし、アリバイ会社を利用して虚偽の証明をしたことが露見してしまうと、不動産会社や消費者金融から即座に解約を言い渡されたり、場合によっては訴えられたりすることもあります。便利ではありますが諸刃の剣でもありますから、ご利用の際には重々お気を付け下さい。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 銀行カードローンより早い即日!《経験者が選ぶ》優良業者一覧! All Rights Reserved.